Eye(ESTI)はどうなっておるのか

Eye デバイス
スポンサーリンク

こんにちは。オヤジです。

以前、Kickstarterにて出資したESTI社のEyeがなかなか出荷されません。

それどころか、ESTI社は今年に1月に進捗報告して以来まともに更新してないんですよねえ。

どういうことなのかね??

詐欺か??

たぶん詐欺だったのだろうなあ・・・・・・・。

困ったモノです。

Eye(ESTI)とは?

スマホケースなんですよ。

iPhone用の。

Eye

Eye

こんなやつ。

iPhoneの画面の反対側、つまりカメラ側にもうひとつ画面が!!

この画面というかケース、(当時は)最新のandroid7.0を搭載しているのですなあ。

他にも魅力的な機能がてんこ盛り。

eye01

1台で2つのOSを持ち運べて便利だぜ!ってことで出資しました。

経緯的なもの

このEyeに出資したのは2017年3月

構成はiPhone7用で、SIMスロット付きのものをチョイス。

そのうち次期iPhone出るから、変更可能なオプションをつけておきました。

日本円で16,765円でした。

eye

 

で、iPhone7用のケースとして待っていたのですがなかなか発送されず。

来るメールは、開発の遅延やらなにやら。

そして2017年10月、この年の新型のiPhoneが発表に。

この時点ではiPhone Xを買う気マンマンだったので、Eyeの対象をiPhone Xに変更しました。

が、結局iPhone Xは買わず。

iPhone 8 Plusにしたんですよね。

さらにケース変更!まだまだ開発が進んでなさそうでしたのでケース変更もスムーズにすすみました。

 

が。

それからはほぼ毎月、言い訳メール。

やれサプライヤーを変更したとか、やれ開発がやっと終わっただとか。

月日は流れ、2018年9月

いよいよこの年の新型iPhoneの発表。

ワタクシはiPhone XSをチョイス。

このころから思っていたのですよ。

iPhoneの開発はバリバリ進んでいって、Eyeをプレッジしてからもう2代も世代がかわっているのに。

「たかが」ケースにそれだけ開発期間がかかるものだろうか?と。

そりゃandroidを積んだりするから大変だろう、ということは想像もつきますが。

ある程度実現の可能性がなければ出資してくれ!ってKinckstarterに出さないですよねえ??

そもそもKickstarterで投資対象になった後、凄く順調に進んでいる、ってメールも来ていたのですがねえ。

そして今年、2019年1月

このようなロードマップが来ました。

eye02

2017年9月の出荷予定からはずいぶん遅れましたが。

メールとこの工程表にはこうも書いてありました。

「中国の旧正月に入るから遅れるね」、と。

スポンサーリンク

そしてこのメールを最後に、一切連絡がありません。

おい、今は2019年4月だ。

中国の旧正月というのはそんなに長い間休みになるわけ??

詐欺でしょうなあ。

そりゃあね、開発案件に遅れはつきものでしょうし。

ESTIはAppleみたいな巨大企業ではないから開発スピードも遅いことは、わかる。

でもよ。

何らかの説明があってしかるべきだと思うんだよなあ。

最初から詐欺のつもりだったらここまでズルズル引き延ばさなくてもいいのにね。

 

さあどうする?

なかなか困った問題です。

Kinckstarterは、返金しないシステム。

なぜKickstarterはプロジェクトを保証しないのですか?

なぜKickstarterはプロジェクトを保証しないのですか?

 

そして、ESTIは以下の規約条項に沿っていないと考えます。

クリエイターが、プロジェクトを完成させる際に、問題が発生した場合、どのように対処すべきですか?

クリエイターが、プロジェクトを完成させる際に、問題が発生した場合、どのように対処すべきですか?

 

これ、ESTIが何らかのチャンネルで返金などを受け入れてくれるといいのですが。

ESTI

3月以来現れてないみたい。

そしてここのURL、ソース見たけどやったら長いのがずらずら書いてあった。

バックレる気、満々でしょ?

クラウドファンディングの健全性を損ねる会社だわあ。

 

さあ、どうしようかねえ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました