Androidでのおすすめテキストエディタ!

スター・ウォーズ
スポンサーリンク

今回はAndroid用のテキストエディタのご紹介です。

これまではパソコン用iPhone・iPad用とテキストエディタを紹介してきました。

どのOS,プラットフォームでも星の数ほど?テキストエディタは存在するのでどれを使うか悩んでしまうのですが。

Android用に関しては、ワタクシの場合一択なのです。

Android のテキストエディタだったらコレでしょう!

実際、Androidのテキストエディタ、あんまり知らないんですよ。

もうね、1つのテキストエディタばかり使ってきましたから。

いつも使ってるのはJota+

Jota+

イオタ・プラスって読むのですよね。

2012年からずっと使い続けております。

その前は前身のJotaを使っておりました。

普段はiPhone使いのワタクシですが、AndroidはJota+があるから魅力的なんだとホントに思います。

 

Jota+、試用版でもいいのかも知れませんがワタクシはJota+★PRO-KEYを購入して使っています。

Jota+★PRO-KEYを導入することで様々な制限が解除されます。

  • 広告を非表示にします。
  • タブで同時に開くファイルの数の制限がなくなります。(無料版:2ファイル)
  • 外部ファイルシステムへのアクセス制限がなくなります。(無料版:一日2回)
  • エディタ背景画像の設定機能が利用できます。
  • 設定ファイルのバックアップ/リストア機能が利用できます。
  • Storage Access Frameworkが利用可能になります。(Android4.4以降)
  • 定型文の最大保存数が99個になります。(無料版:2個)
  • クリップボード履歴の最大保存数が9個になります。(無料版:2個)
  • Intent受付時に全てのmimeTypeを受信出来るようになります。
  • ファイルブラウザのブックマークの最大保存数が20個になります。(無料版:2個)

(Google PlayのJota+★PRO-KEYページより引用)

 

Jota+★PRO-KEY、購入履歴を見ると2012年には商品代400円、税金20円と書いてありました。

ハッ!!消費税がまた5%の頃だ!!

消費税が8%になったのって、2014年でしたもんね。

現在(2018年8月)のJota+★PRO-KEYの価格は650円

ちょいと値上がりしたのですね。

それでもワタクシは制限解除のためにも、Jota+★PRO-KEYを導入することを強くオススメします。

 

Jota+のいいところ!

ワタクシがJota+で気に入っているところを列挙しますね。

 

サクサク!

動作は軽いです。

テキストエディタだから軽くて当然、なんて言われそうですが。

軽快に動作することは本当に気持ちがいいです。

 

テキストエディタとしての機能が十分!

文字コードの指定、検索や置換など、ワタクシが普段文章を書くときに使う機能は一通り網羅。

複数ファイルもタブ化して開けますし。

必要にして十分な機能は揃っています。

これはワタクシがライトユーザーだからかもしれませんね!

ヘビーユーザーはもっとこういう機能が、という熱い要望を出されているのでしょう。

 

背景・色の変更が出来る

パソコン用iPhone・iPad用のテキストエディタ紹介の時に書いた、ワタクシがテキストエディタに求める背景色の変更はクリアしてるのですよね。

テキスト入力を行う際、目に優しいのは大事ですからねえ。

また、テーマを選択することも可能です。

Jota+

スポンサーリンク

写真は標準でついている「いおたたん その1」です。

ワタクシの趣味に合っているかどうかはさておき、こういう風に透化壁紙などを使えるのは息抜き的にも面白いですね。

 

プラグインが便利

Dropboxなどのオンラインストレージにもプラグイン経由でつながります。

これはワタクシにとって色の変更と同じくらい必須な機能なんですよね。

Dropbox、Box、Google Drive、OneDriveといったオンラインストレージ。

FTP、SMB(ウインドウズ共有)はファイルシステム。

条件によってはroot接続も。

最近はroot化などを行っていないのでroot接続のプラグインは入れておりませんが・・・・・・。

あ、プラグインの使用はJota+★PRO-KEYが必要だったかと。

 

まだまだ進化している

バージョンアップの途絶えた定番ソフトって結構ありますが。

このJota+はまだまだバージョンアップが続いております。

バグとりだけにとどまらず、機能追加も。

Jota+

ウインドウ対応やChromebookでの動作など、便利になっていっております。

新しもの好きのワタクシとしては、なんともありがたい限りです。

 

裏技?的な使い方

裏技なんてほどのものでもありませんが。

ワタクシ、パソコンやiPhone、iPadでも文書作成を行いますので作成中のテキストファイルは全部Dropboxに入れるようにしています。

Jota+のプラグイン、直接Dropboxのテキストファイルが開けるので便利なのですが。

たまにオフラインで文書作成することもありまして。

そんなときにはAndroidの内蔵ストレージに保存する方がいいですよね。

ただ、内蔵ストレージに保存してしまうと他の端末との連携が出来ない・・・・・・・。

そこで同期アプリの出番です。

Dropsyncなど、いろんなアプリがあると思います。

ワタクシはDropboxとの接続Dropsyncを使うようにしています。

Androidの内蔵ストレージにある、テキスト保存用フォルダとDropboxを接続し、お互いを同期するのです。

Androidのテキスト保存用フォルダにあるテキストファイルを編集すればそれがDropboxと同期され、他端末でも使えるようになりますし。

パソコンで編集したファイルも同期すればAndroidのローカルファイルとして使えるわけです。

これはパソコン用のDropboxの動きと同じですね。

危険回避のため、やはりローカルにもファイルを残しておきたいのですよね・・・・・・・。

 

今後も使い続ける!

今後も、このソフトがある限りAndroid機を使い続けると思います。

要望としては、Chromebookでもっと便利になるといいかな、と思います。

ファイルの扱いがChromebookはどうも融通が利かないような気がしていますので・・・・・・。

ともあれ、このアプリは超オススメです。

作者のAquamarine Networks.様、ありがとうございます!!

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました