AndroidからiPhoneへの乗り換えで悩む ~使い勝手やハードウェア~

スター・ウォーズ
スポンサーリンク

前回からの続きです。

友人から相談を受けまして。AndroidからiPhoneに乗り換えたいけど大丈夫か?とのこと。

セキュリティ面に関しては前回書きました。

今回はハードウェアと使い勝手などについて書いていきます。

ハードウェア

Androidはしっかり棲み分けが出来ていますね。

ハイエンド、ミドルレンジ、ローエンドと。

格安のAndroidは大概ローエンド機です。

場合によっては型落ちのミッドレンジ機というパターンもありますが。

Android

 

すごいことに、最近のハイエンドなAndroidではメモリを8G 搭載しているものもあります。

メモリはあるに越したことはないので多いのはとても良いことだと思うのですが。

しかし8Gって、まるでパソコン並の容量ですね!これは素直にもの凄い!!

 

iPhoneのメモリは多くて4GB

じゃあ8GBを積んだAndroidのほうが圧倒的有利か?というとそうでもなく。

モバイル系のアプリ開発者に聞いたのですがAndroidはメモリリークが多いそうで。

ダダ漏れしちゃうからあらかじめ多めのメモリを積んでるの、かもですね。

iPhone

 

それに大量に存在する機種対応のため最適化も難しいのでしょうね。

iPhone はApple1社だけですが、Android はたくさんのメーカーがたくさんの機種を出していますからね。

足並みを揃えるのが大変そうです。

どんなにいいカメラを積んでも、Android標準のカメラアプリでは性能を引き出せないでしょうし。

で、メーカーカスタマイズということになるのでしょうがこれもまた足並みが揃わない原因になったり・・・・・・。

 

Android最新のPieことバージョン9を使ってないのでなんとも言えない、という前提において。

ワタクシの体感としてiPhoneのメモリの倍を積んだAndroidで性能がトントン、なのかなあと。

もちろんこれはメモリだけの性能差ではないため一概には言えません。

CPUも、グラフィック速度も大事ですし。

しかし、感覚としてはそれくらいかと。

 

 

操作性

AndroidからiPhoneへ乗り換えしてきた人で一番戸惑うのが、戻るボタンでしょうね!

iPhoneをメイン機として使っているワタクシでも戻るボタンは便利だな〜と感じますからねえ。

iPhoneへ乗り換えた場合、残念ながら戻るボタンの快適さは捨てていただかねばなりません

スポンサーリンク

戻るボタンがない分、ジェスチャも充実しているのですがやはり直感的にわかる戻るボタンは使いやすいものだと思いますよ。

 

あとの操作性は遜色ないかと感じます。

そもそも、最近はメジャーアプリの操作性がAndroid、iPhoneともほぼ同じなので操作で戸惑うことは少ないでしょうからね。

 

価格

もちろん、ハイエンドのAndroidは高い!!

負けず劣らずiPhoneも高い!!

特に2018年モデルのiPhoneは全部高いように感じます。

ミッドレンジ、と位置づけされているiPhone XRですらそこそこしますからね・・・・・・。

 

ただ、2018年モデルはXS、XS Max、XRすべてに超絶パワーのA12 Bionicを積んでいますよね。

A12 Bionic

これ、ヘタしたらパソコン用のCPUより速かったりするわけで。

カメラや液晶に違いはあるものの、処理速度を考えると2018年のiPhoneは全てがハイエンド扱いでいいのかもしれません。

そう考えると過客にも納得いく、かな・・・・・・。

 

2017年標準モデルのiPhone8が思いの外安いのでこちらが売れているようです。

iPhone8のA11 Bionicだってかなり速いですからね。型落ち品扱いするにはまだもったいない性能です。

それが割合安価で提供されているのだからありがたや。

OSアップデートで、あと数年は戦えますよ、iPhone8でも。

 

アクセサリ

ここ数年で家電量販店にスマートフォン用アクセサリのコーナーがかなり専有面積を占めるようになってきました。

ついこないだまで「スマートフォン」自体が売っていなかったりしたものですけれどねえ。

 

家電量販店のコーナーを見ても、アクセサリはiPhoneのほうが充実していると思います。

ケースメーカーの立場になってみると約2年、同じケースを売ることが出来ますもんね。

そりゃいろんなところが参入してきますよね。


Androidはモデルチェンジで筺体ごと総変更になることが多いですよねえ。

しかも1年ごとにモデルチェンジするのが大半だし。

ケースメーカーの立場になってみるとiPhoneのほうに投資したくなります。

細く、長くてもいいからちゃんと開発費のもとを取りたい(笑)

 

結局

結局AndroidからiPhoneへの乗り換えはどうなのか?

ワタクシは前回も書いたようにiPhoneびいきです。

それでもAndroidのいいところは知っておりますよ。

 

それでもあえてiPhoneを薦めておきたい。

本体の性能や使い勝手、セキュリティも大事なのですが。

Apple製品って、とんでもなくワクワクするんですよね。

とにかくいろんなことに応用がきくのですよね。

陳腐な言い方ですが、世界が広がると申しましょうか。

仕事用、としてだけでなく音楽やらの面でAndroidよりも使いやすいです。

スマートフォン

 

 

とはいえ、結局は好みなのですよね(笑)

使いたい方を使って!というのがワタクシの最終的なアドバイス、です(笑)

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました