定番!ショートカットキーでスピードアップ(Mac編)

スター・ウォーズ
スポンサーリンク

以前、

定番!ショートカットキーでスピードアップ(Windows編)

という記事でWindowsのショートカットキーを紹介しました。

今回はMacのショートカットキーをご紹介します。

修飾キーのおさらい

しかしながら。

Macのショートカットキーって、記号で表されている場合が多いんですよ。

⌘ + c、とか。

なかなかわかりづらいですよね。

せめてキーボードに記号を刻印してくれていたらわかりやすいのですが。

いつもこの修飾キーがわからなくなる、という筆者の備忘録用としても、修飾キーをおさらいします。

修飾キー

 

command

「コマンド」。

という記号です。

command

この記号、スウェーデンの道路標識で「史跡」を意味するそうです。

WindowsでのCTRLキーだったり、Windowsキーだったりする役どころです。

このcommandキーは多用しますよ。

 

shift

「シフト」です。

という記号になります。

shift

Windowsにおいても同じ記号、同じ役割でshiftは存在するのでわかりやすいです。

 

 

capslock

「キャプスロック」。

という記号。

capslock

これ、先ほど掲載した「シフト」と記号の形がそっくりなので注意が必要です。

capslockもWindowsにありますし、意味合いも同じなのですぐ理解できますね。

 

 

esc

「エスケープ」。

という記号なのですが。

esc

この記号がなんともわかりにくい!!

esc事態はWindowsにもあるし、役割も同じなのですが。

いきなりこの記号出てきてもこれがエスケープだって最初はわからないですよね。

筆者の場合は「リングから何かがエスケープしている」、と覚え込みました。

 

tab

「タブ」です。

という記号です。

スポンサーリンク

tab

これもWindowsにありますね。

記号もほぼ同じ形です。

役割も同じ。

 

option

「オプション」です。

とい記号なのですが。

option

これ、記号の形が岐路だと思うと覚えやすいです。

上の道を行くか下の道に降りるかというオプションを表している、と覚えましょう。

WindowsではAltキーのような役割です。

 

control

「コントロール」です。

この記号、難しい(笑)

control

上の写真で「0」キーの2つ右隣の、キャレット「^」かと思ってしまいますね。

しかし実際は赤枠で囲ってあるキーです。

これが一番、間違いやすいんじゃないでしょうか。

ど定番!!

それではWindowsのときと同じようにショートカットキーを見ていきます。

まずは定番中の定番のものから。

 

コピー

⌘ command+C

 

貼り付け・ペースト

⌘ command+V

 

切り取り・カット

⌘ command+X

 

元に戻す・アンドゥ

⌘ command+Z

 

全選択

⌘ command+A

 

上書き保存

⌘ command+S

 

別の実行中のプログラムに切り替える

⌥ option+⇆ tab

 

ありがたいことに、ここまではWindowsのときとほぼ同じです。

CTRLキーがcommandキーに、Altキーがoptionキーに置き換わっているくらいです。

 

Windowsと違うところ

Windowsとは違うのだよ、Windowsとは!

それはそうですよね、Macなんだもん。

というわけで、Windowsとのキーボードショートカットと一部異なる機能を紹介します。

 

アプリケーションの終了

⌘ command+Q

これはむしろど定番!!の項目に入れたかったのですが。

毎日使うと言っても過言ではないショートカットです。

Windowsと違い、Macはウインドウ右上の×ボタンを押してもプログラムは終了しません。

画面からは見えなくなりますが、バックグラウンドで実行されっぱなしというのがほとんどです。

そこで、プログラムを完全に終了する必要があります。

というわけで、このショートカットキーは毎日大活躍、なのです。

たまにWindowsでCTRL+Qってやっちゃいますが・・・・・・。

 

ゴミ箱に移動

⌘ command+delete

Windowsの場合、エクスプローラー上などでdeleteキーを押すとファイルを削除することが出来ます。

しかしMacのFInder上で、ファイルやフォルダを選択してdeleteキーを押しても何事も起こりません。

削除するためにはもう1アクション。commandキーも同時に押す必要があります。

 

スクリーンショット

⌘ command+⇧ Shift+3(全画面)

⌘ command+⇧ Shift+4(マウスで範囲選択)

WindowsでもPRINT SCREENキーを使えば全画面のスクリーンショットは撮ることが可能ですが。

マウスで範囲選択するスクリーンショットは他のアプリの力を借りないと出来ません。

Snipping Toolにしても、「他のアプリ」ですからね。

Macの場合、標準でスクリーンショットは撮れるようになっています。

設定の変更でスクリーンショットのファイルの保管先も指定できますが、それはまた別の記事で。

 

他にも

もちろん、他にも便利なショートカットキーはたくさんありますが今回はこのあたりで。

キーボードを接続したiPhoneやiPadでもMacと共通のキーボードショートカットが使用可能です。

全部、というワケではありませんが。

それでは良いMacライフを!!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました